Per il mio Tesoro prezioso!
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
プロフィール

野の島。

Author:野の島。
中2の女子です。家はうどん屋です。
日ごろの日常生活語ってます。
好きな言葉

~人間は死を恐れる。それは生を愛すからである~
                
                ドストエフスキー

好きなもの
うどん,そば,きしめん,ナタデココ
WJ系,モノクロームファクター,マザーキーパー
歌,空,自由,笑顔,花
扇子,夏,諺,格言,志
藍坊主,ラッド,バンプ
音楽,トロンボーン,ピッチパイプ,ピアノ

嫌いなもの
いちじく,ドリアン,人混み,甲高い笑い声
香水,嫌味,妬み,焦らし,独裁
何をすればいいか分からなくなる時

大嫌いなもの
小さい子の泣き声,顔(←



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



★カウンター★



宜しければ><

FC2ブログランキング



成長期



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


見たくない見たくないミタクナイ
このお話は少し気分を害すると思います。

それでも読みたいという方は↓へ

いちお先に米返し
めぐむみ>
くそ,社会は全滅だ!!(w
いいナァ82点・・・
やぎゅにお・・・(←


実話、です。


















喧嘩を、した。

私ではない。

父と母が,

その光景は私は見ていない(塾に行っていたから)

でも詳しい事を不安定な二人に聞けるはずも無く,

私は姉と一緒にただ夕ご飯を待った。


小一時間待ったが2階から二人が降りてくる様子もない

途中,涙を流した母を見た。

洗面所に向かったよう,

しばらくすると,「頭冷やしてくるね…。」と,

涙声で言われた。

どうしたの?何て言えない。

本当に自分は内気だなぁ

仕方なく私は姉と二人きり…ではなくおばあちゃんと一緒にご飯を食べる事に。

あるおかずは姉がバイトで貰ってきた弁当,寿司などなど。

しかしそんな少しの食べ物で私のお腹が膨れる筈も無い。

だから私は既に常備されている白米と,

姉が作ってくれた味噌汁をすすった。

二人がいないだけで,


こんなにも、さみしい。


しばらくすると母が来た。

母の話によると,

仕事の疲れで父が怒ったらしい。

その内容によると

「私が買ってきたお菓子とか,アイスとか,全部ゴミ箱に捨てちゃってね…しかも捨てたのを足

で踏みつけて・・・。」

沈黙

お父さん,お父さん,本当にそんな事したんですか?

お母さんはまだ涙の溜まっている目で私を見て「でももう大丈夫」,と言った。

恐い,こんな思いするなんて,

でも,

明日には忘れますよね。

そんな今日は,

ほろ苦い。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
No title
えェェェェェ((゜д゜)))
野の島の父母は喧嘩をするんだね・・・初耳!!
まぁたぶん離婚まではいかないよ・・・。
ちなみに私の父母はたぶん
喧嘩したことない・・・かな?
まあどうでもいいや。離婚しなければ・・・(´・W・`)
【2007/12/04 22:20】 URL | sifon #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://nonosima.blog80.fc2.com/tb.php/13-a55545a9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。